ネイティブスピード

ネイティブスピードの教材の内容

 

ネイティブスピードは多くの日本人が苦手とする英語のリスニングをトレーニングできる教材です。

 

これまでこの教材を利用した日本人のうち世界中で活躍できる実力を修得したのは3000人以上もいます。

 

教材に含まれている内容は、48ページからなるテキストとCD2枚です。この他に特典として、無期限のメールサポート、生放送ネイティブスピード講座、他があり、教材のアップデートも保証として付いています。

 

日本の英語教材とネイティブスピードとの違いはネイティブが英語を話すスピードにあります。

 

教材はネイティブが日常英会話を話すスピードで作成されていますので、はじめて聞いたときには全く聞き取れない人がほとんどです。

 

でも、トレーニングが終わることろにははっきりと聞き分けられるようにレッスンが組まれていますので、焦らずに一歩ずつプログラムをこなすことが成功のポイントです。

 

ネイティブスピードは慣れると良さを実感

 

ネイティブスピードの教材はタイトルの通り、ネイティブが会話をするスピードで音声が流れてきます。

 

22の音声ファイルがあるのですが、最初からずっと速い会話が流れますので最初は面喰ってしまうかもしれません。

 

繰り返し教材を聞くことで、英語を単語ではなくイディオムもわかるようになり、さらに継続すれば流れるようなネイティブの会話も理解できるようになるという良さがあります。

 

教材から流れる音声は速いですが、最初から長いフレーズをレッスンするのではなく、短文から始めますのでストレスを感じることなく続けられるというのもこの教材の良さのひとつです。

 

スピードには繰り返して音声を聞くことで慣れますしどの様な単語がつながっているのかわかってきます。

 

毎日少しずつでいいので、集中してレッスンをするのが効果的です。

 

ネイティブスピードは自宅で学べるのが特徴

 

ネイティブスピードはこれまでの日本人向けの英語教材とは少し違います。コンセプトはネイティブの話すスピードに慣れることで英語を理解するということにあります。

 

ある意味、英語が苦手な日本人にとっては最初は大変かもしれません。

 

しかし、自然な会話のスピードと美しい発音を自宅にいながら身につけられるという特徴があります。

 

単語と単語を続けて発音することをリエゾンと言いますが、教材を徹底的に聞くことでリエゾンで話している会話の意味もはっきりとわかるようになるのです。

 

正しい文法で単語で区切られた英語を話すより、てにをはに多少の間違いがあったとしてもリエゾンで会話ができる方が英語らしいですし、ネイティブとの会話もスムーズに行えます。

  • LINK2を更新しました
  • LINK1を更新しました